アメニティコーポレーション

Home > ワーク> アメニティコーポレーション

アメニティコーポレーション


プライバシーマークの関連情報

プライバシーマークとは、一定の要件を満たした事業者などの団体(医療法人など)に対し、一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) が使用を許諾する登録商標である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ISO内部監査の研修ならアクイルへ 業界屈指の低価格!! 1名16,000円!取得コンサルティングも実施中

ISO内部監査は、ISO国際規格を取得するための内部監査で、基本的に会社の組織の人間が、規格取得のために必要なマニュアルなどを用意し、実践することをいいます。ISO内部調査にはいろいろな種類がありますが、基本的には3種類あり、情報と環境、そして品質の国際規格があるので、今必要なものを最優先しておきたいところです。例えば、工場などの安全性と環境の快適性が必要とされるところであれば、ISO14001内部監査を実践する必要があります。今の会社の環境で、最優先で取得すべきISO国際規格がどれになるのか、きちんと見極めた上でISO内部監査を行うようにしましょう。ちなみに、ISO内部監査を行うには、それなりにチェック項目もいろいろあるので、会社の人間が行うには、なかなかに負担になってしまうことがあります。特に現場のことを理解しているので、書類を作る事はできるものの、その影響で自分の仕事ができなくなってしまうようでは本末転倒です。全体的な作業効率化、会社の業績アップ等を図るのが目的なのに、社員1人の力を失うようでは話にならないでしょう。だからこそ、ISO内部監査を手伝ってくれる、信頼性の高いコンサルティング業者に声をかけることが、非常に重要だといえます。世間一般的に実力が認められている、実績もあるような業者を選ぶことが重要です。インターネット上の口コミなどが確認できるサイトから、信頼性の高い業者を探すようにしておきましょう。口コミ情報サイトだけではなく、年金ランキングなどにも目を向けて、選ばれ続けているISO内部監査業者を選べば、値段相応の働きをしてくれます。必要な書類を作成し、マニュアルに沿ったチェックポイントを付けてくれるだけではなく、今後規格を通すためにどのようなことを意識すれば良いのか、その辺のアドバイスなども提供してくれる業者がベストです。会社の人間が内部監査を行う際にも、業者を交えて、一緒にミーティングを行ってもらうようにしましょう。

注目キーワード

プライバシーマーク
社団法人情報サービス産業協会(JISA)と財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)の指定機関契約に基づいて、適切な個人情報の取り扱い保護措置を講じていると認められた企業に認定付与されるもの。1998年10月に定め...
PAGE TOP ↑