アクイル

Home > ワーク> アクイル

ISO9001内部監査員研修のことなら株式会社アクイル


プライバシーマークの関連情報

プライバシーマークとは、一定の要件を満たした事業者などの団体(医療法人など)に対し、一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) が使用を許諾する登録商標である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ISO内部監査の研修ならアクイルへ 業界屈指の低価格!! 1名16,000円!取得コンサルティングも実施中

会社全体の品質管理をしっかりと行うためには、ISO国際規格、とりわけISO9001を取得することが重要となります。この国際規格に合格をすれば、会社としての信頼性を高めることにもなり、消費者や特定のクライアントから、良い目で見てもらえるようになるでしょう。かなり大きなメリットを感じられるので、早い段階で実践しておくことを強くお勧めします。この類の国際規格の審査基準に達するには、普段からISO9001内部監査をしておくべきです。ただ、内部監査の作業に関しては、難しいことでは無いものの、大きな手間がかかる場合もあるでしょう。実際に、ISO9001内部監査を行いながら自分の仕事をしているものの、残業続きになってしまっていると言うケースもよくあります。実際にそういった状態になっているなら、すぐにでも会社員の負担を減らすために、ISO9001内部監査を手伝ってくれるコンサルタント業者を探すようにしましょう。コンサルタント業者の評判に関しては、様々なところで調べることができます。インターネット上からも調べることができますし、特定の雑誌などでも記載されていることがあるので要注意です。どのようなやり方でも構わないので、とにかく信頼と実績があり、料金的にもコストパフォーマンスよく動いてくれる業者を選ぶようにしておきましょう。ISO9001内部監査に必要なマニュアルを作成してくれるだけではなく、同時に現場の問題点などを速やかに指摘し、改善を手伝ってくれるような業者であれば、なお安心できます。全て丸投げするのではなく、会社のことをしっかりと理解している現場責任者等と汲ませて、二人三脚で話を進めさせることが大切です。そうすることで、より効率よく、スピーディーにISO規格を取得できるようになります。ISO9001内部監査は、特に食品等を生み出している工場などでは基本中の基本といっても過言ではないです。作業手順などを再度明確化するきっかけにもなり、作業効率化を図ることにもなるので、やはりやっておいた方が良いでしょう。

注目キーワード

プライバシーマーク
社団法人情報サービス産業協会(JISA)と財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)の指定機関契約に基づいて、適切な個人情報の取り扱い保護措置を講じていると認められた企業に認定付与されるもの。1998年10月に定め...
『関連情報:ISO9001内部監査
PAGE TOP ↑