EARTH STUDIO

Home > ワーク> EARTH STUDIO

大阪でのフォトウェディングならEARTH STUDIO(アーススタジオ)


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

フォトウェディングなら大阪・玉造にあるEarth Studio(アーススタジオ)へ。家族写真、キッズ・ベビー写真、マタニティ写真など、ナチュラルでありのままを撮影する写真スタジオです。

実際にブライダルフェアに参加をしてみると分かりますが、様々な疑問点が生まれてしまう場合があります。この疑問点を解消しないままで申し込みをしてしまうと、結婚式当日まで不安な気持ちを抱えたまま過ごさなくてはなりません。ブライダルフェアは様々なことを知れる機会になるので、必ず質問をして解決をするようにしましょう。ブライダルフェアに参加をすると、 1組に1人担当の人がついてくれる場合があります。この担当の人に随時分からない部分や、不安に感じてしまう部分を尋ねれば、ブライダルフェアに参加をした意味が非常に大きくなります。中でも多くの人が不安に感じてしまう部分が、費用になります。ブライダルフェアに参加をすると結婚式を行う際の費用などもしっかりと説明してもらえます。この費用を聞いて問題なく結婚式をすることができると考える人もいますし、高すぎてその場所では結婚式を挙げられないと考えてしまう場合もあります。この場合は自分たちが考えている予算を伝えてみると良いかもしれません。あまりにも低すぎる予算の場合は、相談をしてもしっかりと答えてもらえない場合がありますが、ブライダルフェアで見た金額よりも、少しだけ安い予算だけしか準備できない場合は、交渉をするとその金額にしてもらえる場合があります。交渉をしないと価格が高すぎるので、無理をして結婚式を挙げなくてはならない状態になってしまいますし、さらに結婚式を挙げられないなどの場合も出てきてしまいます。断られることが怖いと考えて、お金の部分の相談をしないままになってしまう人もたくさんいますが、なるべく相談をしてみると良いかもしれません。ブライダルフェアの場所でお金の相談をしても、後日再度足を運んでほしいと言われる場合もありますし、その場である程度安くしてくれると答えをもらえる場合もあります。その場で答えをもらえるのが1番になりますが、別の日に一度足を運んでほしいと言われた場合は、安くなる可能性があると考えて足を運ぶようにしましょう。

注目キーワード

写真家
写真撮影を趣味あるいは職業とし、一定以上の写真撮影に関する知識・技術・経験を保有する人。写真愛好家と区別する場合にはプロカメラマンを指す。 フォトグラファー。 関連語 リスト::写真家
顔写真
-顔が正面から写っているバストアップの写真。 証明写真に使えるそれと使えない笑顔のもの電話を持ったりポージングしているものがある 一般的なプリクラも顔写真の一種であろう -安易にWEBで公開しない様に注意を呼
PAGE TOP ↑