ブライダルアーツ

Home > ワーク> ブライダルアーツ

ブライダルアーツ | 東京渋谷区でフォトウェディングならブライダルアーツへ。ロケーション撮影や和装での前撮りも対応しております。


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

結婚するとなればまず考えることは、結婚式を挙げるかどうかという点ではないでしょうか。挙げて当たり前と考えている人ならばそれで良いですが、中には結婚式を挙げるべきかで悩んでいるという人もいます。一生に一度のビッグイベントとは言っても、お金もかかり準備の手間がかかったり、人間関係の問題で挙げるべきか決めかねているという人が大半です。確かに結婚式を挙げるとなれば大変ですが、挙げるメリットは数多く存在しています。結婚式という改まった儀式をすることにより、気持ちにけじめをつけることができ、結婚したという自覚をはっきりと持つことができるというのはもちろんのこと、親孝行にもなります。喜びや程度には個人差はもちろんありますが、基本的に親は自分の子供の結婚式を楽しみにしているものではないでしょうか。結婚式は面倒と思っている人でも、親孝行と考えれば結婚式を挙げる価値も実感できるのではないでしょうか。それのみではなく、いろんな人へ結婚したという報告や挨拶をする手間を省くことができるという点も魅力です。案内状を送るという手間はかかりますが、結婚式を挙げれば結婚したことを知らせることができ、その日に挨拶もできるので一石二鳥となります。結婚式の準備をするのはイメージよりもはるかに大変であり、二人の意見が一致するポイントばかりではなく、妥協しなくてはならない点もあります。よく話し合って協力して内容を決めることによりパートナーとの絆をより確かなものにすることができます。二人だけではなく両家の意見を調整したり、ゲストを決めたり手間がかかることを一つ一つ乗り越えていくことで、互いのことをさらによく知ることに繋がります。手間がかかり面倒なことだからこそ、相手の本音も知ることができるので、互いに新たな面を発見することごできるのではないでしょうか。結婚式は挙げなくてはならないというものではありませんが、挙げるメリットは大きいことは確かです。

注目キーワード

証拠写真
証拠として扱われる写真。
生写真
ブロマイドやグラビアなどの写真に対して、撮影した後は現像及び焼き増し以外手を加えない写真の事。
『関連情報:フォトウェディング 東京
PAGE TOP ↑