リサイクルトナーのサミット・オンライン

Home > ワーク> リサイクルトナーのサミット・オンライン

リサイクルトナーのサミット・オンライン


カラーコピーの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

リサイクルトナーの販売実績17年。高品質で低価格のリサイクルトナーを豊富に取り揃えています。午後4時までのご注文で即日発送、全国送料無料です。使って安心のサポート体制、業界屈指のリピート購入率でお応えいたします。

複合機やプリンターで使われているトナーですが、純正品とリサイクル品と汎用品があります。その中で、リサイクルトナーはエコに繋がるだけでなく、コストも抑えることができます。基本的な仕組みとしては、空になったトナーを回収してもらい補充してもらうことになります。そのため、トナー代だけとなるため金額も低くなります。例えば、純正のトナーが3万円とすると、リサイクルトナーでは1万円前後で行うことができます。業者によっては純正品の10分の1以下の商品もあり、大幅に費用を抑えることも可能です。しかし、品質にもこだわって業者を選ぶことが必要です。ちなみに、リサイクルトナーは再生品のため、徐々に部品の劣化などによってうまくプリントできないものもあります。その時の対応力も比較することが必要で、無料で交換をしてくれたり、万が一それに起因して故障してしまった時でも保障してくれるところもあります。そのため、リサイクルトナーだからといって不安になる必要がありません。とはいっても、ビジネスで使うことが多いため、ストックをして置いたほうが安心です。そして、リサイクル方法には二種類あり、プール方式とリターン方式があります。プール方式の場合は注文したらすぐに届けてくれて、その時に使用済みのトナーの回収がされます。最短で翌日に配達してくれるところもあり、ストックをしておきたくないという場合にメリットがあります。それに対して、リターン方式は始めに回収されて、工場にてトナーを充填して納品されることになります。メリットしてプール方式よりも安く利用することができます。納品期間としては10日ほどですが、あらかじめストックを用意しておくことで困ることはありません。ちなみに、印字品質は若干劣るもののモノクロであればあまり色合いも変わりません。もちろん、カラーも品質が向上しているため大差なく利用ができます。そして、使用後のトナーも無料で引き取ってくれるところがほとんどで、着払いや連絡をすることで業者が引き取りに来てくれます。そのため、リサイクルトナーを利用するメリットが大きいです。
PAGE TOP ↑