childbedlaboratory

Home > リビング> childbedlaboratory

Account Suspended


赤ちゃんの関連情報

赤ちゃん(あかちゃん)は、産まれたばかりの子供のこと。赤子(あかご)、赤ん坊(あかんぼう)とも言う。なお、人間以外の動物にも「赤ちゃん」が用いられることがしばしばある。種にもよるが、生存のために援助を必要とする弱い存在である。多くの種で赤ちゃんは愛らしい外見をしており、これは援助を受けやすくするために有利な形質なのではないかとの解釈もある。 以下、本稿では人間の赤ちゃんについて解説する。 母子保健法は、出生からの経過期間によって、「赤ちゃん」を次のように定義する。 新生児:出生後28日未満の乳児 乳児:一歳に満たない子供なお、新生児の中でも出生後7日未満の乳児を特に「早期新生児」と呼ぶこともある。また、生まれて間もない赤ちゃんのことを嬰児(えいじ、みどりご)と呼ぶこともある。 「赤ちゃん」の語源は、新生児が多血症気味となり、皮膚色が赤く見えることにある。これは、分娩の際に陣痛の圧力で胎盤内の血液が新生児の体内へ絞り出されるためである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

出産は女性にとって人生で最も大変なことといっても良いのではないでしょうか。新しい命を授かり、出産することによる心と体の変化はかなり大きなものとなっています。どちらかと言えば、その変化はネガティブなものが多くなってしまっていて、体力の一時的な低下や肉体のダメージは計り知れません。それだけではなく精神的に不安定になってしまったりと、出産したらそれで終わりというわけではありません。母子ともに健やかに過ごすためには、産後ケアは必須といえるのではないでしょうか。産後ケアという言葉は、近年よく目にするようになりましたが、具体的にどんなケアするのか実態がわからないという人が大半です。産後ケアといっても様々な内容がありますが、最近ママの間で注目を集めているのが、流産後のケアを専門としたサービスを行なっている業者です。特に、地方出身で周りに頼れる人があまりいない人が多い東京では、産後ケアサービスの注目は高まっています。しかし東京にはたくさんのサービス業者があるので、いざ依頼するとなれば頭を悩ませることになるのではないでしょうか。東京の産後ケアといっても、掃除や料理、買い物といった家事の代行を行なっているところもあれば、ベビーシッターとして子供のお世話をしてくれる業者もあります。利用することにより、肉体的な負担を軽減させることができるのはもちろんのこと、精神面での安定にもつながります。子育てには忍耐が必要不可欠となりますが、精神的に余裕がないことには忍耐強く愛情深く子供を育てていくことは到底できません。周りのサポートが十分にあるとなれば問題はありませんが、そうでない時にはサポートをしてくれる業者に頼ってみるというのも一つの方法ではないでしょうか。実際に出産や子育てを経験した先輩である女性がサポートスタッフとなっていることが多いので、様々な相談をすることもできて心強い存在になることは間違いないのではないでしょうか。

注目キーワード

赤ちゃん返り
赤ちゃんけろっとスイッチ
タカラトミーが日本音響研究所が開発したベビートイ ぬいぐるみについているボタンを押すと、 「イッツ・ア・スモールワールド」をアレンジした曲が流れ 赤ちゃんのぐずりをとめる効果がみられることがある。 asin:B...
PAGE TOP ↑