自家焙煎珈琲やすらぎ

Home > リビング> 自家焙煎珈琲やすらぎ

コーヒー豆の通販 自家焙煎珈琲やすらぎ


コーヒーの関連情報

コーヒー(オランダ語: koffie /?k?fi/ コフィ)は、コーヒー豆(コーヒーノキの種子)を焙煎し挽いた粉末から、湯または水で成分を抽出した飲料。歴史への登場は酒や茶には遅れるが、多くの国で飲用されている嗜好飲料である。家庭や飲食店、職場などで飲用され、コーヒーの専門ショップも多数存在する。抽出前の粉末や粉砕前の焙煎豆も、同じくコーヒーと呼ばれることもある。日本語では「珈琲」。 世界各国において、コーヒーを提供する場の喫茶店(コーヒー・ハウス、カフェ、カフェー)は近代、知識人や文学、美術などさまざまな分野の芸術家の集まる場として、文化的にも大きな役割を果たしてきた。さらに、貿易規模が大きい一次産品であるため、経済上も重要視されている。大体北回帰線と南回帰線の間(コーヒーベルト)の約70箇国で生産され、アメリカ、ヨーロッパ、日本など全世界に輸出されている。カフェインに代表される薬理活性成分を含むことから医学・薬学の面から研究の対象となっている。
※テキストはWikipedia より引用しています。

コーヒー豆を通販で注文することができます。自家焙煎珈琲やすらぎでは受注後に焙煎を行い、新鮮なコーヒー豆をお届けいたします。コーヒーギフトも好評発売中!美味しいコーヒーの淹れ方も紹介しています。

自分にとって好みと感じられるコーヒー豆を通販で探すことは、運命の豆との出会いを果たすための、恋愛にも似たワクワク感があります。ブレイクタイムに飲むコーヒーは心をいやすほどの効果を持ちますから、通販で自分好みの豆と出会うことは、コーヒーを味わう上でも一つの楽しみです。一口にコーヒー豆といっても、豆の精製方法により香りは異なりますし、生産された国はどこであるのか、ブレンドや焙煎によっても味わいは違います。だからこそ通販での豆の選び方は適当ではなく、本質をとらえた自分の求めるコーヒーと出会うことを目的にした、意味あるものでなければなりません。まずコーヒーの基本の部分を抑えるとして、コーヒーのストレートとブレンドから理解をすることです。単一的な産地の名前の付く豆には、コロンビアやブラジルなどの国の名前がついていますが、これらの豆はストレートになります。豆の生産された地域にある個性や特徴を生かしていて、コーヒーとしてもその風味を醸し出すのもストレートです。いくつもの生産地の豆を、一定の割合で配合しているのはブレンドであり、単一産地の豆のみでは導けないような風味を醸し出すことができます。コーヒーショップで豆を探すにあたり、それが実店舗であっても通販であっても、コーヒー豆を取り巻く環境を見逃すわけにはいきません。何を選ぶべきかを迷いがちなはじめての購入時には、ショップで売り出している、オリジナルブレンドをチョイスしてみることです。オリジナルブレンドはそのショップのオリジナルでの配合になりますので、ショップの定める味わいのこだわりと基準が活かされています。その味わいをベースにてショップでは配合をするということなので、もっと酸味が強い豆が良いとか、コクが欲しいなどの味わいの方向性を探求しやすいです。通販サイトにはどこでもメールフォームもあるので、サイトの向こうの豆選びを得意とするスペシャリストに、酸味が弱いタイプや苦みが強い種類などを質問するのも悪くはありません。

注目キーワード

コーヒー牛乳
コーヒーに牛乳が入った飲み物。 カフェオレよりも、牛乳、砂糖などの割合が多い。 「飲用乳の表示に関する公正競争規約」の変更により「牛乳」という言葉は生乳100%のものにしか使用できなくなったため、正式に「...
缶コーヒー
缶に入ったコーヒー。缶ジュースのコーヒー版。主に自動販売機で購入する。 主に糖分が入っている物が多く、仕事中の飲みすぎで胃を荒らしたりする人もいる。 これらの反省を踏まえ、現在では無糖・または微糖といっ......
『関連情報:コーヒー豆 通販
PAGE TOP ↑