pluspa

Home > リビング> pluspa

モチベーションアップや健康維持に!うつも克服!スパーブヘルスアカデミー


カウンセリングの関連情報

カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(英: counsellor、米: counselor)、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、相談者/来談者などと呼ぶ。
※テキストはWikipedia より引用しています。

薬に頼らず、自分の力で着実に治していく。「プラス思考の習慣づけ」でうつ克服を目指すスパーブ ヘルス アカデミーご案内しています。

マインドフルネスという言葉で表現されるのは心の状態のことですが、今までの日本の社会では、現実的なお金などの経済的な実物を獲得することが幸せになる唯一の方法だと考えられてきました。しかし、先進国になり、長寿国になり、少子高齢化などの問題や人口の減少などの問題が具体化してきてしまうと、このままでよいのかという漠然とした不安を感じるようになります。確かに日常生活を生きていくにはお金は必要ですし、物質の豊かさも重要になります。しかし、人間には心と体があり、それが一体化しているので、社会での体の部分である物質面だけを求めて、充実させても、アンバランスな日常生活をしていくことになります。もちろん心の面だけでもいけないので、車の両輪のように、バランスが取れてこそうまく走ることができます。自分の人生でちょうどよい車輪の大きさで物心両面ができていないとうまくバランスを取って走ることができないということになるわけです。それで、日本人としては、今までの高度成長期の働いて稼げば幸せになれるという幻想を自分なりに解消していき、物心両面で充実させるように方向転換をしていかなければなりません。その精神面での方法のひとつがマインドフルネスになります。このマインドフルネスでは、自分を見つめ反省しながら、常に心の状態を日常生活で安定させ、漠然とした不安などから自分を解放したり、癒しを得たりできるようになることが最終的な目的になります。日常生活でも体験をしますが、自分の心が安定をしていて、不安もなく、希望に満ち溢れた春のような状態の時には、すべての生活や仕事などが気分よくうまく進みます。しかし、ストレスや不安が多くなり、精神的に不安定だと、いくら物が豊かでも幸せを感じることができなくなります。マインドフルネスでは、今を生きるとか、真の自分に出会うとかの精神的な転換を目指して工夫し、探っていく体験を重ねます。これは人それぞれ道は違いますが得られる精神状態です。そしてそれを目指す必要があるということになります。

注目キーワード

カウンセリング・マインド
カウンセリング的な考え方や手法を日常生活に活かしていくこと。またその態度、考え、心構えなどを指す和製英語。 「傾聴」と「共感」と「繰り返し」を自らの価値観を脇に置いて実践してみること。 [ISBN:44144031
ピア・カウンセリング
障害者が、当事者同士集まり、お互いの苦しさ、辛さを話しあうことにより、辛さを分かち合い、助言しあっていくこと。略称、ピア・カン。 身体障害者から生まれた運動だが、精神障害者や、思春期の悩み対策などにも......
『関連情報:マインドフルネス
PAGE TOP ↑