看板デザイン相談所

Home > サービス業界> 看板デザイン相談所

店舗の看板デザイン、施工は【看板デザイン相談所】神奈川・東京 |


看板の関連情報

看板(かんばん)とは、宣伝、広告等のために使われる、木、プラスチック、金属(ステンレスなど)等、ある程度耐久性のあるものを材質とした、通常は板状の物体。近年では低コスト・高耐久性のあるアルミ複合板が広く使用されている。 主に屋外に使用されるものを指すことが多いが、広義では室名札やディスプレイ用のパネルなど屋内で使用されるものも看板と見なす。英語ではsign(サイン)と言い表され、「標識」「目印」といった意味合いを持つことから、宣伝、広告の意味以外にも、見るものに対し、何らかの情報を伝えるための表示物と捉える場合もある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

おしゃれ看板の専門店。看板デザインで集客、ブランディングを考えトータルでプロデュース。横浜を中心に、神奈川・東京・関東近郊まで。飲食店、学習塾、クリニックなどのお店や商業施設の実績多数掲載。看板デザイン~設置まで安心してお任せ頂けます。

看板と一口に言ってもさまざまなものがあり、見ていて飽きない工夫がされているところが興味深いといえます。バスや電車からよく見えるような位置に設置されている場合、サイズが大きめの物が大半ですが、これは歩くよりも早いスピードで通過する乗り物に乗った状態からでも内容が把握できるよう、サイズを大きくしていると言われています。また、乗り物に乗っている以上、見ていられる時間は限られてきますので、何を伝えたいかを瞬時に見た人に伝えるため、インパクトを持たせつつ、短い言葉で表現した物が多いのも特徴です。そう言われてあらためて見てみると、カー用品の店に、車検という文字が見えます。これを見た人は、カー用品を売るだけでなく、車検もしているのかと理解します。必要な情報だけを端的に伝え、後は見た人の理解力に任せる部分が生まれるということが、乗り物から見える位置に取り付ける看板に生まれるデザインの特徴と言えるでしょう。道を歩く人向けであれば、歩きながら読み取れる量は乗り物に比べて増えますので、もっとたくさんの情報を盛り込めます。飲食店であれば、日替わりランチ3種類500円にドリンク付きといった看板を作成したら、歩きながらでも情報がしっかり読み取れますので、見た人はドリンクまでついてワンコインとは安いなといった思考をすることも可能です。電飾を使ったデザインの看板であれば、遠くからでも目を引きますので、視力のいい人であれば、かなり遠くから認識することができるでしょう。とりわけ夜間になれば、電飾を使わない看板が闇に溶け込んで見えなくなってしまうのに対し、くっきりとデザインが浮かび上がることになり、ますます目を引きます。一方で、電飾を使うということは、夜間に営業する店であるということですので、昼間は目立たずひっそりとしているところも、なんだか立場をわきまえているかのようで、おかしく感じられます。そんなことを考えながら見ていると、ますます興味は尽きません。
PAGE TOP ↑