三和産工株式会社

Home > サービス業界> 三和産工株式会社

蓄光式避難誘導標識のトータル・ソリューション・プロバイダー


防災の関連情報

防災(ぼうさい)とは、災害を未然に防ぐために行われる取り組み。災害を未然に防ぐ被害抑止のみを指す場合もあれば、被害の拡大を防ぐ被害軽減や、被災からの復旧まで含める場合もある。災害の概念は広いので、自然災害のみならず、人為的災害への対応も含めることがある。 類義語として、防災が被害抑止のみを指す場合に区別される減災、防災よりやや広い概念である危機管理、災害からの回復を指す復興などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

蓄光ステップ、蓄光式避難誘導標識システム(津波・災害種別)の構築を地域防災計画策定の際の緊急防災・減災事業債を活用してご提案いたします。蓄光式誘導標識のトータル・ソリューション・プロバイダー三和産工株式会社。

大規模な体育館や学校施設、商業ビルや工場や地下街、マンションなど集合住宅では万が一の非常事態に備えて出入り口に避難経路を誘導するための標識の設置が義務つけられています。それが義務化される基準は非常に細かいですが、該当する基準の施設や建物内では出入り口の上にその標識が設置されます。その避難誘導のための標識は誰でもすぐに識別できるようなマークとなっていて、さらに言葉でも把握できるようになってる場合もあります。しかしいずれにしてもそのマークは日本では緑または黄緑色となっています。これらの標識は通常は電気で点灯する誘導灯で光るようになっています。そのため暗い場所では電気が点灯することで遠くからでも把握しやすくなっています。けどこの避難誘導のための標識はいつも電気で点灯しているとは限りません。火災や地震などで停電することも充分にあり得ます。そのため夜間や暗い場所で停電をしてしまった場合を想定して、これらの標識類にはある種の対策が施されています。それは蓄光剤でコーティングすることです。この蓄光剤は光を吸収する性質があり、太陽が出ている昼間時間帯や建物照明などが点灯している間は、その光を吸収しています。そして日没後や電気照明が消えると、その時点から蓄光剤はそれまで吸収していた光を発するようになります。その光が発してる持続時間は約6から10時間くらいとなります。そのため万が一に停電をして建物内から緊急避難をしなければならない事態になったとしても、光ってるのでそれを目指して出入り口から脱出することができるようになります。この蓄光剤でコーティングされた避難誘導をするための標識類は今では誰でも簡単に通販サイトなどで購入することができます。その販売単価は販売業者や商品の大きさなどで左右されます。けど誘導灯付きでない商品の場合は、安い小さいのだと2000円前後で、高いものでも1万円以内で売られてることもあります。
PAGE TOP ↑