税理士法人わかば

Home > ワーク> 税理士法人わかば

外資系企業向けサービス | 東京 町田の税理士法人わかば


税理士の関連情報

税理士(ぜいりし)は、税理士法に定める税理士となる資格を有する者のうち、日本税理士会連合会に備える税理士名簿に、財務省令で定めるところにより、氏名、生年月日、事務所の名称及び所在地その他の事項の登録を受けた者をいう(税理士法18条)。徽章は、日輪に桜。他に、税理士会連合会から顔写真つきの登録者証「税理士証票」を交付される。
※テキストはWikipedia より引用しています。

20年を超える外資系企業対応の実績 給与計算、記帳代行、親会社レポート、税務申告、支払業務までワンストップでサービスを提供しています。外資系企業独特の経理フロー、給与計算、国際税務に精通しておりますので安心してお任せください。

国が異なると、色々ルールも異なります。それだけに新しい場所で事業を始めますと、そのルールを覚えるのに苦労している方も多いです。その一例は税金です。海外にも税金はありますが、税法上の仕組みなどは日本とは少々異なります。海外と日本では考え方も異なりますし、税金に関する計算式なども少々異なっている訳です。税率に関しても、日本と海外では大きな違いがあります。このため外資系企業は、日本国内で事業を始めると苦労してしまうケースも多いです。特に海外で長らく事業を営んでいた外資系企業は、その傾向が顕著です。海外で長く事業を行っていれば、海外での税金のルールを覚えていますから、日本とは異なるルールで税金を計算していた事になります。ですから日本に渡ってきて税金を計算する場合、また新たなルールを覚えなければなりません。税金の計算式に関しても、新たなルールを1から覚えなければならず、多くの時間を取られてしまうこともあります。また日本の税率ルールの場合、やや厳しい一面もあります。数字が正確でなければ、修正などを余儀なくされてしまう事もあります。状況によっては立ち会い調査が入る事もあり、税金の数字は慎重に算出する必要があります。ですが慣れていないと、計算結果が間違ってしまう事も多々あります。ですから多くの外資系の企業は、税理士への依頼を検討している訳です。税理士に依頼するメリットは色々ありますが、例えば会計や財務に関するアドバイスを受ける事ができます。どうすれば効率良く計算できるかも、アドバイスしてくれる訳です。また多くの税理士は、税務に関する書類作成などを代行してくれます。税理士に色々な数字を伝えた上で、代理で書類を作ってくれる訳です。自力で日本のルールを覚えて書類を作成するのは大変ですが、税理士に任せるとスムーズに書類を作れることも多いです。ですから税務に関する書類を作成する悩みを抱えている時は、税理士への相談も検討してみると良いでしょう。

注目キーワード

税理士情報検索サイト
日本税理士会連合会による税理士・税理士法人の検索サイト。 開始日:2009年3月24日 掲 載:公開情報と任意公開情報で構成される。 **【公開情報】 -氏名 -登録番号 -登録年月日 -所在地 -所属税理士会 -事務所名...
税理士記念日
2月23日の記念日。日本税理士会連合会が1969年に制定。税理士法の前身である税務代理士法が1943年2月23日に制定されたことに由来する。
PAGE TOP ↑