サンドアートパフォーマンスで披露宴・結婚式・企業イベント - kohei(こうへい)のサンドアートパフォーマンス

Home > サービス業界> サンドアートパフォーマンスで披露宴・結婚式・企業イベント - kohei(こうへい)のサンドアートパフォーマンス

サンドアートパフォーマンスで披露宴・結婚式 「Koheiサンドアートオフィス」 - kohei(こうへい)のサンドアートパフォーマンス


絵画の関連情報

絵画(かいが)は、物体の形象を平面に描き出したもの。 日本語では類語の絵が幅広く用いられ、絵画という語は、特に芸術作品としての絵を指す場合がある。ただし、絵と絵画を区別して用いるとは限らない。また画を後ろにつけて描写の技法や対象を示す用語もある(水墨画、静物画など)。 フランス語の peinture(パンチュール)、英語の painting(ペインティング)、日本語の雅言的表現で絵と呼ぶこともある。 文字などを「書く」ことより早く、絵画を「描く」行動は幼少期から見られる行動である。発達心理学などの分野では、14歳から18歳程度で完成期と呼ばれる時期を迎え、多くの人はその頃から、ほとんど描かなくなる。子どもの絵に関する社会科学的研究は豊富だが、大人の絵に関する同様の研究は少ない。その一方で、多くの人が描かなくなる年齢を過ぎても活動的に絵を描く人々が居る。歴史的に代表的なのは画家であると言えるが、現代ではより多くの業種に見出される傾向である。なお、人間の発達には個人差があり、柔軟な姿勢が必要である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

披露宴・結婚式・各種イベントでお楽しみ頂けるサンドアートパフォーマンスのご依頼はこちらへどうぞ。ガラスの上をバックライトで照らし、砂の絵を次々と変化させてストーリーを展開していきます。様々なテーマのサンドアート演目からお選び頂く事が可能。

最近流行っているハンドクラフトに、グラスサンドアートというものがあります。これはガラスの器にカラフルな砂を入れ、ビー玉などで飾り付けるアートです。着色された砂を何色か層にして入れ、横から見たときにできる独特な地層を楽しむもので、インテリアやギフトに人気となっています。例えば青と水色と白の砂で層を作れば夏っぽいインテリアになりますし、相手の好きな色を組み合わせればギフトでも喜ばれます。流行しているだけあって、グラスサンドアートの教室や体験学習、実演販売も増えているので、簡単に学んで実践できるのも魅力です。セットになっている材料も簡単に買えますが、100均でも揃うのでまず試しにやってみたい人は安く揃えるといいでしょう。作品作りの手順としては、まず色を選び、入れる順番を決めたら、ガラスの瓶に色砂を入れます。小さいスプーンで量を調整しながら行うと失敗がありません。植物を植えたい場合はこのとき植え付けます。植える植物は水耕栽培用のものを使うと長持ちします。砂を入れ終わったら、大きめの砂つぶやガラス玉で飾り付けましょう。この作業をすることでゴージャスになるだけでなく、砂が動いてしまうのも防げます。また、植物を植えた場合水やりが必要ですが、その際に砂が掘れてしまうことも防げるのでぜひトッピングしましょう。植物を植えない場合には、キャンドル用のジェルを流し入れてキャンドルとしても使用が可能です。最初は色砂が混じったりバランスが取れなかったりと試行錯誤するかもしれませんが、作業自体は単純なためすぐに慣れて見た目の良い作品が作れるようになります。さらにグラスサンドアートのいいところは、砂を入れ替えるだけで簡単に作り直せることです。ハンドクラフトはついつい作品が増えて飾るのに困りがちですが、季節によって砂を入れ替えたりトッピングのガラス玉を替えたりするだけで飽きずに飾れます。どうしてももったいないと感じるときは、写真で残すのもいいかもしれません。
『関連情報:サンドアート
PAGE TOP ↑