DRERICH

Home > サービス業界> DRERICH

レンタルドレスなら東京・横浜・大阪など全国6店舗運営のdrerich


洋服の関連情報

洋服(ようふく)とは、西洋服の略で、西洋風の衣服のこと。英語の western clothes におおむね該当する。ヨーロッパの服飾に起源を持つが、列強各国の各地進出に伴なって、アメリカ大陸やオセアニア等の植民地をはじめ、世界各地で広く用いられ、19世紀末以降の近代化とともに、中国や日本等でも使用されるようになった。この過程で、日本語や中国語、朝鮮語において、伝統的な衣服(日本の場合和服・着物)に対する概念として、これらの西洋起源の衣服が「洋服」と呼ばれるようになった。それ以前には、オランダ(阿蘭陀)から来きた服という意味で蘭服(らんふく)、南蛮服(なんばんふく)、紅毛服(こうもうふく)と呼ばれていた。洋服は各地の伝統的な服飾の要素も取り入れながら発展し、民族服の形成・変化にも影響を与えた。現在では、背広やドレス、シャツとズボンやスカートの組み合わせ等の他、アメリカ合衆国を中心に発展した簡素なTシャツ、ジーンズ等が世界中で使用されている。今日の日本では、洋服が一般的になったため、単に「服」といえば洋服を、「着物(きもの)」といえば和服を指すことが多い。何百年も前から人々は自分を表す為に洋服又被服を纏ってきた。 縫製技術から見ると、和服が直線に裁った生地を縫い合わせるのが基本であるのに対し、洋服は身体の形状に合わせて曲線的に裁った生地を縫い合わせるのが基本である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

レンタルドレスなら東京・横浜・大阪・福岡・大宮・名古屋全国6店舗のDRERICH!ドレス単品8500円~、ドレス+小物+コーディネート込み13,500円!NHKやTVで取材されたスタイリストがコーディネートしてくれるレンタルドレス。ゲストドレス・ウェディング&タキシード・謝恩会・ブライズメイド・子供ドレスなど、多くのシーンに合わせコーディネート。全国配送OK!ネットでレンタルも承ります。

インターネットでレンタルドレスを取り扱っている店舗のメリットとして挙げられているのが、他にはない豊富な品揃えといえるでしょう。インターネット上の店舗で全国の顧客を満足させられるようにしている為、取り揃えられている種類が他とは比べ物になりません。同じデザインでも複数のカラーバリエーションが取り揃えられていることが多く、利用しやすい物を見つけられることがポイントといえるでしょう。また、セットでコーディネートしてレンタルできるところも多く、セットでレンタルドレスを利用する場合と単体で利用する場合には、価格が大幅に違うのも特徴です。リーズナブルなのはドレス単体で、会社やデザインによっては6泊7日で3千円未満でレンタルできるところもあります。短期間レンタルであればリーズナブルな価格で住むところもある為、サービス内容を確認してからレンタルを申し込みましょう。ドレスのデザインの中には、有名人や著名人が着用した物もある為、有名人や著名人が着用した物を探している人にとっては利用しやすいといえます。店舗ごとに使用後のクリーニングに関しては決まりが異なる為、申し込む時に確認しましょう。レンタルドレスを着た後、クリーニングに出さずに返却していい所と、最寄のクリーニング店でクリーニングしてもらう方法に別れています。料金が安いのはクリーニングが自己負担のほうですが、内容によっては出さずに返却できるところのほうが安い場合もあるでしょう。どんなドレスを身に着けたいのかだけでなく、アフターケアに付いても理解して申し込むことが、よいレンタル方法といわれています。また、初回限定のサービスも少なくないため、事前に比較サイトで、初回限定のサービスに付いて確認すると決めやすいでしょう。予算やドレスのデザインを納得できるまで比較できるのは、インターネット店舗ならではのメリットといわれています。昨今では早く届くことも多いため、通常店舗と変わらないような納期なのもメリットです。

注目キーワード

洋服
*意味 西洋風の衣服のこと。⇔和服 *「洋(西洋)」を指す日本語 洋風、洋式、洋学(蘭学)、洋医、洋算、洋紙、洋書、洋画、洋楽、洋舞、洋装、洋裁、洋針、洋酒、洋食、洋菓子、洋室、洋船
洋服記念日
11月12日
PAGE TOP ↑