アクイル

Home > ワーク> アクイル

ISO14001内部監査員研修の株式会社アクイル


プライバシーマークの関連情報

プライバシーマークとは、一定の要件を満たした事業者などの団体(医療法人など)に対し、一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) が使用を許諾する登録商標である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ISO内部監査の研修ならアクイルへ 業界屈指の低価格!! 1名16,000円!取得コンサルティングも実施中

ISO14001内部監査をこれから実践するつもりなら、どこの業者にお願いするべきなのかを考えたほうが無難です。内部監査と言えば、会社の人間に任せるところも多いですが、この場合は会社の人間の負担が大きくなってしまうので、よく考えて実践するようにしましょう。基本的に、審査を通すためのマニュアルの作成方法がわかっていて、要領なども理解しているのであれば、特に問題は無いはずです。ただ、現場のことがわかっていなければいけないので、どうしても現場の人間に任せることになりますし、その間は、全体的な作業効率が下がります。しかも、作業員の負担も増えることになるので、それを考えると、ISO14001内部監査に慣れている、実力あるコンサルティング業者にお願いした方が無難だと言えるでしょう。どこのコンサルティング業者にお願いすれば良いのかがわからない場合は業者の評判をネット上の口コミ情報サイトなどから確認するが、一般的な流れです。もし身の回りで、ISO14001内部監査を実践したことがある人がいるなら、その人からどこのコンサルティング業者がお勧めなのか教えてもらうのも、悪くない判断だといえます。見つけたら、業者のホームページを確認すると、その業者の特徴を把握することが可能です。ISOの内部監査をお願いするときに、どれくらいの時間とお金が必要となるのか、チェックさせてもらいましょう。ISO14001内部監査は、環境マネジメントシステムの内部監査を行う、非常に重要な監査です。審査を通すことによって、会社全体の信頼性を図ることになり、ブランディングにもなります。何よりも、環境が良いと言うことが証明されるので、社員全員が改めて、作業場で仕事ができるようになるでしょう。マニュアル作成だけではなく、二人三脚になって最後までしっかりと面倒を見てくれるような、良心的なコンサルティング業者に声をかけた方が妥当です。

注目キーワード

プライバシーマーク
社団法人情報サービス産業協会(JISA)と財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)の指定機関契約に基づいて、適切な個人情報の取り扱い保護措置を講じていると認められた企業に認定付与されるもの。1998年10月に定め...
PAGE TOP ↑