クリエイト・エム・ビザインフォメーション

Home > レクリエーション> クリエイト・エム・ビザインフォメーション

オーストラリアビザ・ETAS(イータス)申請代行【クリエイト・エム】


留学の関連情報

留学(りゅうがく、るがく)とは、自国以外の国に在留して学術・技芸を学ぶことをいう。広義には自国内の遠隔地に生活拠点を移して学術・技芸を学ぶこと(国内留学)を含める場合もある。 留学している人を「留学生」(りゅうがくせい、るがくしょう)という。
※テキストはWikipedia より引用しています。

オーストラリアビザ/ETAS申請代行【1名680円】。ETAS申請完了後に公式ビザ番号(ETA Grant Number)をご案内。即日申請完了。出発前日まで受付。出発間近でも追加料金は不要。FAX,郵便での申込も可能。旅行会社の安心登録です。

海外へ渡航する際には、多くの場合短期間の観光目的であればビザの必要がありません。そのためとても楽だし、その分費用負担も少なくてすむのですが、一部例外の国もあります。その一つが日本からの観光客も多いオーストラリアです。オーストラリアへ観光に行く場合は、ビザが必要なので注意が必要です。しかし、オーストラリアビザを取得するためにわざわざ大使館まで足を運ぶ必要はありません。3ヵ月以内の滞在であれば、「ETAS」と言う簡単に取得できる電子ビザがあるからです。この観光目的のオーストラリアビザ「ETAS」とは「ELECTRIC TRAVEL AUTHORITY SYSTEM」の略で、日本語では電子旅行許可システムとなります。通常のビザであれば、パスポートにスタンプやシールを貼りますが、このオーストラリアビザ「ETAS」の場合はそのような書面上の手続きの必要がありません。ネット上で登録申請すれば自動的にオーストラリアの移民局のコンピューター上に申請者の情報がいき、問題がなければ登録されるシステムになっているからです。初めての申請の場合、少し難しく感じるかもしれませんが、やってみると特別難しいことはないので大丈夫です。どうしても自分ではできないという場合は、旅行代理店などが代行してくれます。このオーストラリアビザ「ETAS」には「観光ETA」の他に、「短期商用ETA」の2種類があります。申請方法や申請資格等はほとんど同じです。申請資格はまず「ETAS」対象国籍のパスポート所持者でなければなりません。日本のほか韓国やアメリカ合衆国、カナダなど数か国のみが認められています。また訪問目的が観光や会議、展示会、短期プロジェクトなどに限られ、訪問期間は3か月以内です。もちろん、犯罪歴がある人は対象外となります。費用に関しては基本的に無料です。ただし、申請する際に利用するシステム利用料として20ドルが必要です。

注目キーワード

NOVAうさぎのゲームde留学!?
KONAMIが出した英語学習ゲーム。2006年10月12日からゲームセンターで稼働中。 語学スクールのNOVAが責任監修しており、問題もネイティヴのスタッフによる問題作成の他、全問題にネイティヴスピーカーの音声付きで安...
交換留学
国同士或いは学校同士が提携し、お互いに留学生を交換しあうこと。 国際的な相互理解の向上が期待される。 日本の文部科学省は世界各国に親日家を増やすために積極的に取り組んでいる。
『関連情報:オーストラリアビザ
PAGE TOP ↑