Kumagaya Rafting ノーティーボーイズ

Home > レクリエーション> Kumagaya Rafting ノーティーボーイズ

球磨川のラフティングノーティーボーイズ(公式HP)で急流のスリルを楽しめます


船の関連情報

船(ふね、舟、舩)とは、人や物をのせて水上を渡航(移動)する目的で作られた乗り物の総称である。 基本的には海、湖、川などの水上を移動する乗り物を指しているが、広い意味では水中を移動する潜水艇や潜水艦も含まれる。動力は人力・帆・原動機などにより得る。 大和言葉、つまりひらがなやカタカナの「ふね」「フネ」は広範囲のものを指しており、規模や用途の違いに応じて「船・舟・槽・艦」などの漢字が使い分けられている。よりかしこまった総称では船舶(せんぱく)あるいは船艇(せんてい)などとも呼ばれる(→#呼称参照)。 水上を移動するための乗り物には、ホバークラフトのようにエアクッションや表面効果を利用した船に近いものも存在する。また、水上機や飛行艇のように飛行機の機能と船の機能を組み合わせた乗り物も存在し、水上機のフロートや飛行艇の艇体は「浮舟」(うきぶね)と表現される。 なお、宇宙船や飛行船などの水上以外を航行する比較的大型の乗り物も「ふね」「船」「シップ」などと呼ばれる。これらについては宇宙船、飛行船などの各記事を参照のこと。また舟に形状が似ているもの、例えば刺身を盛る浅めの容器、セメントを混ぜるための容器(プラ舟)等々も、その形状から「舟」と呼ばれる。これらについても容器など、各記事を参照のこと。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ラフティングはもちろん、人気のターザンや飛び込みが出来るアクティブコースがおすすめです! 日本三大急流である球磨川のスリルを楽しめる、ラフティングノーティーボーイズです。ベテランのガイドがお客様の夏の思い出作りを全力でお手伝いいたしますので、興味のある方はぜひご利用ください。

ラフティングを楽しむためには、事前の準備が必要です。九州でラフティングを楽しめる場所はいくつかありますが、せっかくなら日本3大急流の一つでもある球磨川で楽しむといいでしょう。球磨川は熊本県の渓谷にあります。公式にラフティングを体験させてくれる会社があるので利用してみるといいでしょう。1日や半日や4時間などのプランがあり、利用者の都合にあわせたプランを選択できます。また、料金はプランや曜日によって変動するので注意しましょう。できるだけ、コストを賭けたくない場合には平日にラフティングを楽しむといいでしょう。土日よりも安い値段で楽しむことができます。球磨川でラフティングをするときには、準備するものがあります。装備一式は用意してくれますが、水着や着替えやタオルまでは用意してもらえません。そのため、ラフティングに行くときには、必要なものを準備しましょう。温泉チケットも渡されるので、温泉に必要な道具もそろえておきましょう。川のスポーツといっても日差しはあるので、日焼けすることも多いです。女性で日焼けが気になる人は、クリームを持参しておきましょう。球磨川でも石ころがごつごつしているので、動きやすく、かかとが安定したサンダルにしておきましょう。かかとが安定していないとすぐに脱げたりするからです。おしゃれでかかとの高さがあるサンダルを履いてこないようにしましょう。安全性や動きやすさを重要視した服装と靴にするといいです。ラフティングをするコースはいくつかありますが、球磨川は水量が安定しており、比較的安全です。川の流れも激流というほどではありません。遊覧船もあるので、初心者でも十分楽しめるコースとなっています。ジャンプポイントやそのほかにもいろいろなポイントがあります。コースの全容はホームページに記載されているので、初心者の場合には動画や画像を検索してイメージトレーニングを積んでいくとスムーズに体を動かすことができます。

注目キーワード

船橋
東京都世田谷区船橋1〜7丁目のこと。 西側には、環状8号線(通称:環八)が走っている。 最寄駅は、大半が小田急小田原線の千歳船橋駅だが、北側(6・7丁目)は、京王線の八幡山駅になる場合もある。
漁船
漁業に利用される船舶のこと。漁猟船や運搬船などがある。日本では漁船法により漁船登録を行って漁船登録番号を船体に標示しなければならない。また、船体重量によって1級から7級まで等級が分かれている。
PAGE TOP ↑