satsuei+

Home > サービス業界> satsuei+

大阪の映像制作・ドローン映像撮影|Satsuei+


動画制作の関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

大阪の映像制作【Satsuei+】なら不動産・学校・会社紹介などで実績が豊富です。特にドローンを飛ばし、大阪の魅力を空から映し出す映像の撮影なども得意です。PR効果の高い映像制作なら当社にお任せ下さい。

今ではテレビのみならず、インターネットでも動画を日常的に見る習慣が定着しています。私たち見る側の目も肥えてきており、映像の良し悪しやクウォリティーには敏感になっているのではないでしょうか。私自身、映像制作の仕事をしており、日夜、意味ある映像制作に没頭しています。ヒィールドは全国。中でも大阪を中心とした関西地区の映像制作にはいつも長年培われてきた文化を感じずには入られません。全国に数ある映像制作の会社の中でも大阪の現場は、作る側も見る側も「ツボ」と「オチ」をわかっているなと感心します。これはお笑いの文化が根強くある地域ならではのテクニックで、お互いがわきまえているからではないでしょうか。同じテーマの題材が与えられても、大阪の会社が作るものとその他の地域の映像制作の会社が作るものでは、そのスタンスが良い意味で全く違う気がしています。つまりは笑いを知っている、オチをわかっているということです。私がいつも考えるのは、お笑いとどうように、いつも笑い=掴み、オチ=納得がないと、発信だけの一方的な映像になりかねないと思っています。これが大阪には根っからの文化が影響しているのか。関西の現場には根強いていると感じ、いつも感心しているところで研究させていただき、勉強になっています。変な話、勝ち目のないコンペにも、勉強のために参加しています。私は普段からここに根付くお笑いの文化を意識はしていますが、面白い事を言ったり発信したりする能力が育っているとは思えません。やはり、生まれた時からあの文化にいつも触れてきた人たちには敵わないのでしょう。普段話すことがある大阪の人たちは、「ウケるツボ」を知っているといつも感じます。面白いことを言う、人を笑わせるネタを持っていると言うことではありません。制作を通じて、それを見る側の人々に共感してもらい、説得力を持った構成と映像で訴えかける能力、テクニックを持っているのだと思います。しかし、嘆いていても始まりません。関西の文化や技法から学び、映像を通じて、意味のある、人々の心に残る、大阪の映像制作の現場のようにこれに響く作品を作り続けたいと思っています。
PAGE TOP ↑