ぴかぴか堂

Home > サービス業界> ぴかぴか堂

福岡の専門書や古本の買取ならぴかぴか堂|出張買取・宅配買取もお任せ


古本の関連情報

古本(ふるほん)または古書(こしょ)とは、出版後に一度は消費者(所有者)の手元に置かれた中古本の呼称。雑誌などを含む場合もある。新本(新刊本)と対応した言葉。古書店(古本屋)やインターネット売買を通じて再度流通することが多い。 売れ残るなどして新刊なのに安価で販売される本をゾッキ本(バーゲンブック、自由価格本とも)という。ゾッキ本は「新古本」と呼ばれることもあるが、それと類似した表現で、比較的近年に刊行された本の中古を販売する店を新古書店と分類することもある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

福岡の古本買取専門店をお探しの方は「ぴかぴか堂」を是非ご利用下さい。大野城市と福岡市を中心に古本や専門書の出張買取・宅配買取を行っております。確かな目利きで、1点1点丁寧に査定。高額買取・即日出張対応・即入金により様々な方から高い評価を受けております。

福岡市内には数多くの古本買取店がありますが、少しでも高く買ってもらうためにはいくつかのポイントがあります。まず旬なうちに売るということです。古本買取価格は発売開始から月を追うごとに安くなっていきます。そのためできるだけ早く読み切って売ってしまうというのが効果的です。発売から1か月以内に売ることができれば、高額買取が期待できるでしょう。次に綺麗な状態で売ることです。手垢やしみなどが付かないように気を付けながら読むことをお勧めします。くれぐれもポテトチップスなどのお菓子を手につまみながら、油汚れの付いた手でページをめくらないようにしましょう。ブックカバーなどがあればそれを付けながら読むと綺麗な状態を保つことができます。また購入したときの表紙カバーや帯が付いているとプラス査定になります。上記のことを基本としながら、さらに重要になってくるのが人気のある本であるかどうかです。ベストセラーになるような本だったり、芥川賞や直木賞などを取った本の場合、古本買取価格は跳ね上がり、しばらく高値を維持します。これに対してあまり人気がない古本の場合、まだ新しい状態でも値落ち率が大きくなってしまうことでしょう。古本買取価格は需要と供給のバランスで決定されるので、需要があればあるほど、つまり人気があればあるほど高くなるということです。最後に福岡市内にある複数の古本買取店同士を競合させるのも手です。相場があるので驚くほど大きな差とはならないかもしれませんが、それでも少しでも高く買い取ってもらえるお店を見つけると嬉しいものです。まとめて古本を売る場合は、差額もその分大きくなるでしょう。また、専門書や希少価値の高い古本の場合は独自の値付けをします。中にはプレミアがついて新品の販売価格よりも高値になることもあります。このような古本を売るときは、福岡市内にある専門書を扱っている古本屋に行ってみると良いでしょう。逆に小説や漫画を中心に扱っているような古本買取店では、正しい価値を見出してくれない可能性があるので注意が必要です。
『関連情報:福岡 古本買取
PAGE TOP ↑