陣内ウィメンズクリニック

Home > 美容> 陣内ウィメンズクリニック

不妊治療・体外受精のご相談は自由が丘【陣内ウィメンズクリニック】当婦人科で妊活をフルサポート | Just another WordPress site


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患に対し医療を提供し、病人を収容する施設のこと。病院よりも小規模な医療施設は診療所(クリニック)と呼ばれる。規模的には病院ではあるが、歴史的な理由によりクリニックの名称を残す施設もある(メイヨー・クリニックなど)。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京都自由が丘の不妊治療専門「陣内ウィメンズクリニック」では、体外受精・顕微授精を中心とした妊娠希望専門クリニックです。赤ちゃんを望まれるご夫婦の想いを一日でも早く叶えられるように、薬を使い過ぎない、体に負担を掛けない優しい高度生殖医療を提供してまいります。

病気になると、その病気のための治療が必要になります。治療は医療機関を利用すれば保険適用か適用外かで治療費が異なります。保険適用なら治療費の3割の負担で済みます。1箇月に一定額以上かかれば高額療養費制度があり、保険適用だけで数十万円も負担することがなくなるようになっています。適用外になると3割負担の仕組みや高額療養費の仕組みが利用できません。医療機関が提示する金額を全額治療を受ける側が負担しなければいけません。高額になれば治療方法を見直さないといけないときもあります。選択肢も狭まります。できれば自分の求める医療を受けたいでしょう。夫婦が否認をせずに夫婦の営みをしても1年以上子供ができない時、不妊症と診断される可能性があります。その夫婦が子供を授かりたいと考えるなら不妊治療を検討します。医療機関などで診察を受け、男性、女性のどちらにどんな問題があるかを見つけ、適切な不妊治療を行います。これらの不妊治療にかかる費用は、一般的な治療は全額自己負担です。つまりは保険適用外になります。不妊症との言葉がついていますが、病気とまでは言われません。ただ病気として認識されるものが原因になっているときは、その治療費は保険適用になります。ケースは少ないものの、そちらに該当すれば負担は多少は減ります。具体的にどれくらいの治療費がかかるかですが、検査だけなら数万円程度です。その他人工授精は1回当たり数万円程度とされます。体外受精や顕微授精となると費用がぐんと上がります。1回ぐらいなら行えても、何度も行えない夫婦はいます。保険適用がされない状態ですが、国や地方公共団体による助成金の仕組みが用意されています。体外受精や顕微授精は高額になるため、その治療の一部を負担してもらえます。それ以外に地方公共団体が行うものはそれぞれの自治体によって内容が変わります。すべての自治体が行っているわけではありません。あるなら利用して負担を減らせるようにしましょう。

注目キーワード

救急病院
1964年の「救急病院等を定める省令」に基づき、都道府県知事が告示する病院である。 その要件は、 救急医療について相当の知識及び経験を有する医師が常時診療に従事していること。 エツクス線装置、心電計、輸血...
病院
医療法の定義では 「病院」とは、医師又は歯科医師が、公衆又は特定多数人のため医業又は歯科医業を行う場所であつて、20人以上の患者を入院させるための施設を有するものをいう。病院は、傷病者が、科学的でかつ...
『関連情報:不妊治療
PAGE TOP ↑