ロックセキュア

Home > リビング> ロックセキュア

ロックセキュア 鍵の取り替え 鍵交換ならロックセキュア。


鍵の関連情報

鍵(かぎ、キー、Key)は錠前(ロック、鍵穴、Lock)を解錠する(操作する)ための器具である。鍵と錠前は扉や物品などに取り付けて、鍵を開けられる人間以外の使用を制限するための道具。人身や財産の保護、保安などの目的で用いる。典型的な鍵(右図)は、錠前の鍵穴に差し込まれる個々に形状の異なるブレード部分と、鍵穴には入らず手でつまんでブレードを回転させるのに使う頭部から成る。ブレード部は一般に一つまたは少数の特定の錠前にしか合わない。 日常会話では、鍵と錠前をまとめて「かぎ」と呼ぶ場合が多い(例 : 「かぎを掛ける」)が、本頁では主に鍵自体について記述する。 鍵は、建物や自動車といった財産について、完全ではないが(ピッキング行為参照)安価なアクセス制御手段を提供する。そのため、鍵は現代の先進地域ではありふれたものであり、世界的にもよく使われている。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ロックセキュアは、鍵の取替・交換・修理を行っております。玄関はもちろん、トイレや個室、シャッターなど、住宅のあらゆる鍵にも対応しております。また、予算に応じた工事もお任せ下さい。豊富な鍵の種類や、私たちの技術力で最善のご提案をいたします。

普段何気なく利用している鍵ですが、それが壊れてしまったとき何処に修理を依頼すれば良いのか困ったことはありませんか。または、自宅を新築時にトイレや車庫に取り付ける鍵のことで困ったことはありませんか。そのようなことが起きたときに頼りになるのが鍵のプロであるロックセキュアです。安さに定評があり、鍵の修理費用や取り付け費用以外の費用が発生することなく、受付から施工まで一貫して管理を行うため意思疎通が非常にスムーズです。お客様からの要望にすぐ対応することが可能で、例えばトイレにどんな鍵を取り付ければ良いのかわからないという相談に対して、担当者が現地へ赴きサンプルを用いながら的確な提案を行います。お客様としてはその提案に従うだけなので、非常に安心して任せることが出来ます。ほかの業者では現地で立ち合いをする際、カタログを持ち込むのが基本ですが、正直それでは細かい部分がわかりません。実際にサンプルを手に取り、ドアやシャッターにセットすることで初めてわかることもあるので、ロックセキュアは非常におすすめできるのです。なお、施工完了後には保証書が必ず発行されます。何の保証書なのかというと、いま取り付けた鍵の保証書です。鍵の保証書なんて聞いたことがないと思う人はたくさんいると思いますが、それだけロックセキュアの鍵には自信があるということです。品質はもちろんのこと、アフターケアも万全なので鍵のことで悩んでいるのであれば、ロックセキュアを頼ったほうがスムーズに事が進むこと間違いありまえん。詳しい鍵の商品の事や出張範囲についてはロックセキュアのホームページを閲覧すると良いでしょう。シンプルにまとめられたホームページは非常に見やすく知りたい情報をすぐに見つけることができます。普段あまり気にすることがない鍵ですが、いざという時に困らないようにするために、ロックセキュアの情報を集めて、困ったときに依頼してみると良いでしょう。

注目キーワード

鍵山秀三郎
昭和八(1933)年東京に生まれる。「株式会社 イエローハット」(旧社名:ローヤル)の創業者(平成十年、同社の取締相談役に就任)。 著書に、『一日一言』(PHP研究所)などがある。
アヴァロンの鍵
SEGA/Hitmakerが開発したアーケードゲーム。 一定の条件で構築された30枚一組のカードデッキをリーダーで一括で読み込み、そのデータを利用して行う多人数対戦型トレーディングカード・ボードゲーム。 以前コンシュ...
『関連情報:ロックセキュア
PAGE TOP ↑