スタジオ Remember

Home > ワーク> スタジオ Remember

このページは現在閲覧できません。


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

世の中には、様々な撮影スタジオというものがあります。 プロの方が使うところから、素人がコスプレ撮影をするために使うところなど、使用目的は様々です。 また、自主制作で写真集を出したい場合などにも、撮影スタジオをレンタルすることで綺麗な写真を撮ることが出来ます。 そのため、まずは撮影の目的に合わせた場所を選びましょう。 費用は場所によって様々ですが、基本的に時間と部屋のグレードで変わることが多いです。 何時間いくら、という設定が基本ですので、時間内に撮影を終えることで、超過料金などを払うことがなくなります。 また撮影スタジオによっては、メイクルームなどの女性むけサービスが充実しているところがあります。 もちろん通常よりも値段は高くなりますが、メイクルームなどを積極的に利用したい場合には、そのようなところを選んでみましょう。 さらに、コスプレの撮影に利用したいという場合は、スタジオにコスプレ衣装が完備されているというところもあります。 そのため、手ぶらでスタジオに来て、そのままそこで着替えて撮影をし、手ぶらで帰宅する、ということも可能なのです。 このように、現在撮影スタジオは幅広いニーズに対応しているのです。 また、静止か動画によっても、撮影スタジオの使い方は変わってきます。 利用目的が静止の場合は、ある程度の設備が整っていれば比較的簡単に撮影活動が出来ますが、動画を取りたい場合には、もう少し良い機材が必要な場合もあります。 また背景に機材が写っては困りますので、ある程度広い部屋を確保するという必要もあります。 レンタルする場合は、そのスタジオで行ってもよいこと、駄目なこと、出来ること、出来ないことをきちんと明確にしてレンタルしましょう。 禁止事項を破ってしまった場合、そのスタジオが使えなくなってしまう、ということも考えられます。 マナーを守ってスタジオを使い、素敵な写真や動画を取って様々な活動に役立ててみましょう。

注目キーワード

証拠写真
証拠として扱われる写真。
生写真
ブロマイドやグラビアなどの写真に対して、撮影した後は現像及び焼き増し以外手を加えない写真の事。
『関連情報:撮影スタジオ 渋谷
PAGE TOP ↑