アトリエアー

Home > 美容> アトリエアー

東京でハウススタジオをお探しならアトリエアー


写真の関連情報

写真(しゃしん、寫眞、英語: photography)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。 英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」と訳される。"photograph"から、略して"photo"(フォト)と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京でハウススタジオをお探しならアトリエアー。 優しく年を重ねた目黒の一軒家、猫が歩く庭、木漏れ日のきれいな和みのアトリエです。 都内の広々とした芝生の庭があるの一軒家を、24Hご利用頂けます。

ハウススタジオでいろいろな写真撮影をしました。明るくて日差しがたくさん入るので写真を撮影するときには抜群だと思いました。和室や洋室だけではなく、リビングやキッチンなども素敵で日がたくさんはいるので写真のときに影を気にする必要がないのがよかったです。 ハウススタジオを利用させてもらったのははじめてだったのですがガーデンも利用することができたので素敵な写真を撮ることができました。芝の状態もちょうどよくて撮影をするときには日差しできれいな緑になっていました。小物なども無料で利用することができるので小物を使って撮影したのですが自然な雰囲気を出すことができて小物を使ってよかったと思いました。その時期によって撮影をする部屋を選らんで雰囲気を変えることができるのでハウススタジオは自分が思ったとおりの写真を撮影することができるのがいいです。自分が理想としている場面を撮影することができるので動画などでも撮影をしたところ、雰囲気が写真とは違って優しい空気を感じる動画を撮影することができました。そのスタジオによって雰囲気を変えることができるので季節だけではなく小物を上手に使うと同じ場所でもまったく違うものを撮ることができたのもよかったです。

注目キーワード

写真
光学的方法で感光材料面に写しとった物体の映像。一般には物体からの光を写真レンズで集めてフィルム・乾板などに結像させ、これを現像液で処理して陰画とし、印画紙などに焼き付けて陽画を作る。 日本では1857年に...
銀塩写真
撮影にフィルムを用いる写真。 フィルム表面にある臭化銀などの銀の塩類は、光が当たると金属の銀の微細粒子となる。 さらに現像により、この銀の粒子を種として、銀の粒子が大きくなり、肉眼で黒く見えるようになる......
『関連情報:ハウススタジオ
PAGE TOP ↑