i-plus

Home > サービス業界> i-plus

飲食店のメニューデザイン・印刷なら「アイプラス」 | 有限会社アイプラス


看板の関連情報

看板(かんばん)とは、宣伝、広告等のために使われる、木、プラスチック、金属(ステンレスなど)等、ある程度耐久性のあるものを材質とした、通常は板状の物体。近年では低コスト・高耐久性のあるアルミ複合板が広く使用されている。 主に屋外に使用されるものを指すことが多いが、広義では室名札やディスプレイ用のパネルなど屋内で使用されるものも看板と見なす。英語ではsign(サイン)と言い表され、「標識」「目印」といった意味合いを持つことから、宣伝、広告の意味以外にも、見るものに対し、何らかの情報を伝えるための表示物と捉える場合もある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

飲食店のメニューデザイン・印刷なら「アイプラス」にお任せ下さい。飲食店専門の自社デザイナーが、お店に合った魅力的なメニューを低コストでお作り致します。メニューコンセプトのご提案から印刷までトータルでサポート。お気軽にお問い合わせ下さい。

今からもし、特定の飲食店を軌道に乗せたいと感じているなら、メニュー作りにもこだわりを持つようにしましょう。お客さんに出す食事の内容もかなり重要となってきますが、そこに加えてメニューそのもののデザインも大きなポイントになってくるので、覚えておきたいところです。実際に、非常に名前が知られていて人気を集めている飲食店のメニューは、非常に素敵なデザインとなっています。そういったお店を見習って、間違いのないデザインに作成するよう心がけておきましょう。作り直すなら、しっかりと最初から最後までサポートしてくれる、百戦錬磨のサービスが充実した業者に声をかけることが重要となります。優秀な業者なら、お店の雰囲気をしっかりとチェックして、その雰囲気に基づいたデザインで作ってくれるはずです。身の回りでそういった業者に関して詳しい人がいるなら、その人たちからお勧めの業者を紹介してもらいましょう。紹介してくれそうな人が身の回りにいないなら、観念してインターネット上で自分で調べるのが無難です。インターネット上からであれば、飲食店のメニューを今まで何度も作成してきた、百戦錬磨の作成業者をすぐにピックアップすることができます。口コミを確認できる類の情報サイトから、うまく情報を集めた上で業者を厳選するようにしましょう。業者のホームページを確認すると、どのような業者なのかがすぐにわかります。作ってきた飲食店のメニューの事例を調べれば、デザインセンスが優れているかどうかは、とりあえずわかるはずです。後は、サービスが充実しているかどうかも調べておきましょう。料金にばかり目がいってしまいがちですが、作った後のアフターサポートが充実していれば、より安心ができます。作り直しをお願いできたりできるなら、それが1番です。どのようなサービスが展開されていて、なおかつどれくらいの料金で動いてくれるのかを見極め、それから特定の業者と話を進めるようにしましょう。

注目キーワード

キリスト看板
キリスト教の教義にちなんだ標語が書かれた、屋外に掲示されている看板の俗称。 黒地のトタン板に白色または黄色の毛筆体で標語が書かれる形式が典型的だが、文字がゴシック体の物や白地のステッカー状の物などが存......
看板描き
看板を描くこと。または、看板を描くことを職業とする人。 「看板書き」との違いは、「看板書き」は主に字を書くが、「看板描き」は絵をかくことを含むこと。
『関連情報:飲食店 メニュー
PAGE TOP ↑