関東給湯器交換

Home > リビング> 関東給湯器交換

リニューアル作業を行っています。


オール電化住宅の関連情報

オール電化住宅(オールでんかじゅうたく)とは、IHクッキングヒーターやエコキュートなどの機器を導入することで調理・給湯・冷暖房などに用いるエネルギーを全て電気によってまかなうシステムを備えた住宅 。
※テキストはWikipedia より引用しています。

給湯器に対して負担を負わせることなく従来通りに利用した場合、その耐久年数は8から10年と言われています。利用状況によっては8年経過せずに寿命を迎えることもあれば、10年をオーバーしても大丈夫なこともあります。 しかしながら、数多くの製造メーカーにつきましては、給湯器の製作後10年の状態でパーツの供給を終了させることから、パーツがなければ修理そのものができないことから、給湯器交換の目安を10年と規定しています。 給湯器の耐久年数につきましては使用の仕方やセッティング場所に左右されるため、設置して数年しか経過していないのにトラブルがあったのであれば、使用方法が適正か見極める必要性があります。 寿命をオーバーしている給湯器のケースでは、いくつものトラブルが生じる可能性があります。給湯器交換と同じ様な額になったり、利用開始から10年ほど過ぎた給湯器につきましては給湯器交換がお薦めです。 給湯器交換が不可欠かを見定めるには、給湯器の状況を見極めることがキーポイントになります。 寿命が疑問視される症状としまして、お湯の温度がアンバランスになった、セッティングした温度にならないというものが見られます。それに加えて、お湯を沸かしている時の音が今までよりも大きい、着火の時に異常性のある音がする、給湯器の排気サイドより煙が出る、リモコンにおいてさかんにエラーコードが出るという特有の症状もあげられます。 シャワー並びに蛇口より出るお湯の温度を変えていないのに、出るボリュームが少なくなってしまうという事象が見られますが、お湯のボリュームに関しては季節でいくらか変動します。 こういった症状があったとしても、給湯器が利用できなくなるわけではありません。しかしながら、トラブルを内包したまま使用を継続することで事故になってしまうことがありますので、即座に製造メーカーへと連絡することが非常に重要になります。
PAGE TOP ↑