さきさかクリニック

Home > 美容> さきさかクリニック

長瀬駅の内科・消化器・糖尿病は東大阪市「さきさかクリニック」


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

長瀬駅で内科・消化器・糖尿病・循環器・呼吸器など診療を行っている東大阪市「さきさかクリニック」です。地域の医療と健康を支えるために昭和17年に開院致しました。約80年の歴史から得られたノウハウで、的確で持続可能な医療を提供します。

東大阪地域には、内科のクリニック自体は沢山あります。そして東大大阪地域には、多くの方々が居住しています。このため内科によっては待たされる事もあるので、注意が必要です。特にインフルエンザのシーズンなどは、その傾向が顕著です。インフルエンザになった場合は、やはり内科で診察を受けるのが賢明です。クリニックに行けば、治療薬も処方してくれるからです。ただインフルエンザの時期になると、患者の数も多くなります。東大阪地域も、例外ではありません。患者の数が多いと、どうしても待たされてしまう訳です。クリニックによっては、1時間待ちになってしまう場合があります。しかし予約システムを採用しているクリニックなら、待ち時間を大幅短縮する事もできます。予約制の病院ならば、時間の無駄がありません。例えばインフルエンザが気になり、朝の11時に予約を取ったとします。ちなみに自宅からクリニックまでは、歩いて30分前後です。ですからクリニックには、11時30分に到着しました。ただ多少クリニックが混雑しているので、15分程度待たされました。しかし予約を取っていれば、15分程度の待ち時間で済む訳です。予約を取るのが困難なクリニックですと、45分程度待たされてしまう事も、少なくありません。ですから予約が取れるクリニックの方が、色々便利です。幸いにも東大阪という地域には、予約を取れるクリニックが沢山あります。あまり待たされたくない時には、まずは予約を取ると良いでしょう。そしてこの地域の場合は、WEBで予約可能なクリニックが沢山あります。電話でも予約は可能ですが、基本的にはWEBがおすすめです。電話ですと、口頭のやり取りになりますので、聞き違えなどのミスもあり得ます。しかしWEBなら確実に情報を伝えられますし、何よりスムーズに診察を受けられる傾向があります。電話よりも、スムーズに診察を受けられる事が多いです。ですからこの地域のクリニックで診察を受ける前に、WEBで予約している方々も少なくありません。

注目キーワード

国立病院機構
独立行政法人化に伴い設立。 +北海道がんセンター +札幌南病院 +西札幌病院 +函館病院 +道北病院 +帯広病院 +八雲病院 +弘前病院 +八戸病院 +青森病院 +盛岡病院 +花巻病院 +岩手病院 +釜石病院 +仙台医療センタ...
大学病院
主に医学系の大学に附属施設としてある病院のこと。日本の政令等では大学の附属病院とも表現されている。大学病院では、一般的な医療サービスの提供の他、教育、臨床、研究などを行っている。 日本では、大学設置基......
PAGE TOP ↑