ベアーズコーポレーション株式会社

Home > 建物> ベアーズコーポレーション株式会社

ベアーズコーポレーション


不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

茨木市の不動産情報を完全網羅! 新築・中古一戸建て、中古マンション、売土地。お目当ての物件情報を簡単に検索出来ます。物件探しは掲載物件数地域ナンバーワンのベアーズコーポレーション株式会社

日本は道路が整備されているので、自動車を保有しているといろいろなところに移動ができます。ただし、地域によって道路の整備のされ方が異なります。高速道路が走っていてさらにインターチェンジなどがあれば、それを利用していろいろなところに行けます。国道があれば、それ以外の道路よりも整備されているのでやはり移動がしやすくなります。不動産を選ぶとき、その近くの道路の状況がどうなっているかなども確認しておきたいでしょう。大阪府の中でも多くの人が住んでいる市として知られているのが茨木市です。鉄道なども整備されていますが、道路事情もそれなりにいい市として知られています。現在は市内に高速道路が3線通っています。名神高速道路が市の中心部を横切る形で通っていて、さらに近畿自動車道が市の西部から南部方面に伸びています。そして茨木市の北部を横切る第二名神高速道路があります。北部の道路付近はまだ山間部で開発がされていませんが、これから次第に開発が進められる地域になっていくでしょう。名神高速道路と近畿自動車道は比較的古くからあり、インターチェンジ付近の不動産であれば遠方に行きやすくなります。インターチェンジ付近は工場などが多いところもありましたが、最近は再開発が進んでいます。一戸建ての新興住宅や、マンションなども増えています。茨木市内を走る国道としては、171号線が良く知られています。兵庫県の西宮から大阪府北部を通って京都までつながる大きな道路です。この道路沿いの不動産であれば、大阪や兵庫県、京都などに車で出かけやすくなります。名神高速道路以西はこれまで農地などが多かったですが、近年は宅地開発が進んでいて住宅が多くなっています。マンションなどもあるので、住みやすくなっています。道路沿いにはスーパーなどの大きな商業施設や飲食系のお店も多く、休みの日に家族で出かける時に困りません。あまり人気があるために渋滞になることもあるので、多少の注意は必要になるでしょう。

注目キーワード

不動産業
不動産の分譲、賃貸、売買仲介、鑑定などを行う業種。
不動産市場
【real estate market】 不動産のマーケット
PAGE TOP ↑