OTS

Home > サービス業界> OTS

大阪でリフォームに強い工務店なら有限会社 大阪店舗システム


店の関連情報

店(みせ、たな)は、商業的な活動(商売)を行うための建物のこと。商品やサービスを提供する場所である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

大阪で店舗工事を依頼するなら、店舗専門の工務店として、内装の工事やリフォームを行なう大阪店舗システムへ。ご要望に合わせて、人が集まるお店・空間のプランニングから、店舗デザイン・設計・施工いたします。 安心して依頼できる・30年余りの実績と技術力のある工務店として、飲食店や物販店の改装・改修工事、新規出店工事などをお考えの方はお気軽にご相談ください。

理想的な店舗改装を成功させるためには、まず改装の目的を明確にする必要があります。店舗改装は、大型店に限らず小規模店舗であっても、まとまった金額のかかる大事業であることは間違いありません。改装後に売上を伸ばすことで、店舗改装にかけたコストが回収できるかがポイント。激戦区大阪で、他店を凌いで人気店になるためには、適切な計算が必要です。改装費用は、実際のところ、規模ではなく立地や売上で予算組みをするのが正解です。同じ大阪でも繫華街と郊外とでは売上に大きな差がありますから、あまり見込めない立地であれば費用をかけすぎるのは危険です。ただ、例え現在の売上が伸び悩んでいるとしても、繫華街の中で埋もれているのだとすれば話は別です。特に中小企業は適切な予算を検討するのが難しいところですが、リスクを取っても仕掛けるべきタイミングはあります。工事規模が大きくなれば休業期間が長くなり、その間収入が無くなるわけですから、その分も計算しておかなければいけません。ほとんどの場合、店舗改装工事費用はローンを組むことができません。支払いが発生するのは着工前と工事中、工事完了後という3分割のパターンが多いでしょう。理想を追求すればそれだけ高額になりますので、想定以上の出費になるケースも多くなります。大阪で懇意にしている工務店などがあれば、費用の問題は理解してくれるはずですが、必ず予算は着工前に決めて明示しておきましょう。また、店舗のイメージを変えるデザイン面に注力するのも良いですが、最低限、汚れなどはしっかり取り除く必要があります。顧客は往々にして、見て欲しいところは見ず、見て欲しくないところを見抜いてしまいます。外装や廊下など、汚れが気になるようであれば、清潔感を優先させる店舗改装も必要です。同時に、そこが汚れやすいことがわかったわけですから、改装後は清掃しやすい素材に換えるなど考慮しておくと良いでしょう。そして、意外に重要なのが照明ですから、なるべく予算に余裕を持って、照明を追加するのもおすすめです。今は輝度が高く寿命が長いLED照明がありますので、昔よりもランニングコストが大幅に下げられます。

注目キーワード

喫茶店
コーヒー・紅茶などの飲み物、菓子や簡単な食事などを出す飲食店。 酒がメニューにあるところは喫茶店ではない((カフェになるらしい))という説もあるが、メニューにウィスキーなどのある喫茶店もある。 今も昔も学...
支店
1.本店とは別の場所にある店舗や事務所のこと。日本の会社法上では本店でない拠点を全て支店と称することとなる。また、会社によっては販売部門の地方拠点の名称として用いられる場合があり、営業所や出張所よりも格......
PAGE TOP ↑