さやま保育園ふじみ

Home > 習い事> さやま保育園ふじみ

狭山市の保育園「働くママの笑顔に貢献」さやま保育園ふじみ


保育所の関連情報

保育園は、保護者が働いているなどの何らかの理由によって保育を必要とする児童を預り、保育することを目的とする通所の施設。日本では、児童福祉法第7条に規定される「児童福祉施設」となっている。本項では、日本の保育所について解説する。 施設名を「○○保育園」とする場合も多いが、あくまでも「保育園」は通称であり、同法上の名称は「保育所」である(尚、市区町村の条例で施設名を〇〇保育園と定める例がある)。 地域によっては、公立を保育所・私立を保育園という形式で分けるところや、施設面積が広いところを保育園・狭いところを保育所とするところもある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

狭山市のさやま保育園ふじみは「働くママの笑顔に貢献したい」という想いから、内閣府の「企業主導型保育事業」を活用し、働くママの目線に立った新しいスタイルの保育園です。小規模ですが、家庭的な雰囲気の中、愛情いっぱいで大切なお子様をお預かりします。

狭山市の保育園で働くためには、子供たちへの愛情があることが重要です。保育園で働くための資格として、保育士がありますが、たとえ資格を取得していたとしてもその資質を満たしていないことには子供たちから慕われることはありません。働いていくための条件として、子供に愛情を注げることはとても重要です。確かな愛情を持っていれば、子供の我儘にも対応していくことができますし、子供に異変があったときにもいち早く気が付けるようになります。働いていくうえで、重要な気持ちを持つように心がけてみましょう。また、体力が備わっていることで、狭山市の保育園に勤めたときの疲労を軽減していくことができます。小さな子供は、すばしっこく動いていくため常に目を離すことができません。子供の様子をチェックしていくためには、追っていくだけの体力が必要です。すばしっこく走っている時には、怪我をしないように注意深く見守り、時にはそのあとを追って行動を抑える必要も出てきます。また、保育園ではお遊戯会なども開催されており、その練習を行う必要もあります。日常的な運動に付き合うだけではなく、子供がぐずりやすいお遊戯の練習にも根気強く付き合っていく必要があり、心身ともに疲労もピークを迎えることになります。狭山市の保育園で長く勤めたいと考える人は、やはりある程度の体力をつけておいた方が賢明になるでしょう。勤務していく時には、その適正も必要になってきますが、保護者や同僚とのコミュニケーションをとっていくことができる力も必須です。子供の様子を伝えたり、逆に保護者から子供の状態を正しく聞き取っていくためにも、コミュニケーション能力を磨いておく必要があるのです。あまり人と話すことが得意ではないという人は、働き始める前に会話のキャッチボールの練習を行っておきましょう。会話を行うことが得意になってくれば、勤務したときに困ってしまうこともなくなってきます。

注目キーワード

保育所
保護者が働いているなどの何らかの理由によって保育が欠ける子供を1日ごとに預り養育することを目的とする施設。厚生労働省が管轄し児童福祉法に規定される児童福祉施設である。 ちなみに、国公立の場合は正式な名称......
認可保育所
日本の児童福祉法に基づく児童福祉施設の保育所のこと。国が定めた設置基準を満たし、都道府県知事に認可する。区市町村が運営する公立保育所と社会福祉法人などが運営する民間保育所がある。大幅な公的資金補助があ......
『関連情報:狭山市 保育園
PAGE TOP ↑