株式会社松浦建設

Home > 建物> 株式会社松浦建設

札幌のリフォーム・リノベーションなら株式会社松浦建設 | 外壁、マンション、断熱、フルリフォーム


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

札幌のリフォーム・リノベーションなら「あたたかい家」「すずしい家」を提案する株式会社松浦建設へ。住宅、マンション、外壁、断熱、屋根、キッチン、洗面化粧台、ユニットバス、サッシ、フローリング、和室、外壁、フルリフォームに対応。法人・個人から小工事・大工事までご相談ください。

高齢化社会が進み、介護が必要な家族の事を考えた住まいづくりの必要性を考えるご家庭も多いです。札幌で家族みんなで安心して暮らせる住まいづくりを考えていく方の中には、今住んでいる住まいのリフォームを検討する方もいます。ご年配の方も安心して暮らすことができる住まいづくりは、バリアフリーをきちんと考え、進めていく必要があります。段差が少ない住まいに変える事で、車いすでの移動が必要な方もトイレへスムーズに行く事ができたり、外出する時も、移動が楽になります。筋力を維持できるようにご年配の方も運動をする習慣をつける事は大事なので、段差の少ない住まいで家の中を移動しやすくする事により、膝への負担を心配することなく、体を動かせます。廊下や玄関など、広い空間に変えたり、フローリングの床に変える事で、車いすを使う方も安心して暮らせるようになります。介護をするご家庭も、バリアフリーの住まいで生活する事で、今まで大変に感じていたことを楽に進められるようになる場合もあります。札幌のリフォーム業者の中には、バリアフリーの実績もあり、相談をする事で、それぞれの住まいの問題点を見つけて、改善してくれます。バリアフリーに関する事をきちんと理解してから、リフォームを進めたい場合も、札幌のリフォーム業者に相談をする事で、様々な知識を身につけてから、リフォーム内容を決められます。ご年配の方の生活を考えて、手すりを取り付ける事で、トイレがしやすくなる方はたくさんいますし、お風呂場を広くする事で、介護も進めやすくなります。二世帯住宅のリフォームを進めて、親子で一緒に暮らせる住まいづくりを進める際に、一階は親が生活できるようにして、二階に若い世代が暮らせるように分ける事もできます。二階から一階の部屋で過ごす親を見守れるようにするなど、体調面もきちんと考えて、子供たちも支えていく事ができる点も魅力です。古い住宅だと、段差が多く、ご年配の方が暮らしにくいケースもあり、バリアフリーのリフォームの相談も大切です。

注目キーワード

よってがっしょリフォーム
*[]よっ[]てがっ[]しょ[]リフ[]ォー[]ムで[]は[] *どんなリ[]フォ[]ーム[]もご相[]談に応じます。 見積、設計、現場施工まで一貫してスピーディに対応させていただきます。 リフ[]ォ[]ームには大きく分けて増築、...
野村不動産リフォーム
野村不動産ホールディングスはリフォーム事業の強化、拡大を目的に新会社、野村不動産リフォームを設立し、4月1日から営業を始める。マンション管理を手掛けるグループ会社の野村リビングサポートが現在リフォーム......
PAGE TOP ↑