CCTカークリーニング竹花

Home > 乗物業界> CCTカークリーニング竹花

車のシート洗浄やシートクリーニング事例|創業32年CCTカークリーニング竹花


車内クリーニングの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

車やクルーザーの室内クリーニング、車内清掃の施工事例紹介。ビフォーアフターでご紹介しております☆埼玉から東京、千葉、神奈川までお伺いします!出張料金は埼玉近郊(10km以内)は無料、東京・千葉・神奈川で3,000円(税抜)!

車の中は、基本的には土足で乗り込むものなので、当然泥などが入り込みます。また、運転中に飲み物を飲んだり軽食をつまんだりすることもありますが、そのカスなどがこぼれることも珍しいことではありません。足元の汚れについては、足元シートをはずして洗ったり、コイン洗車場などにあるような掃除機で吸い込んできれいにすることができます。また、シートなど水洗いまたは水ぶきできるものについては、水洗いしたり絞った雑巾できれいにすることができます。しかし、長年使っているシートは、一見きれいになったように見えても、しみができていたり、匂いが染み込んで抜けなくなっていたりと、新車同様というわけにはいかないのが通常です。そんなときには、カーショップなどでシートクリーニングのサービスを利用するのも一つの方法です。シートクリーニングなんて自分で出来そうなものを、お金をかけて利用するなんてと思うかもしれませんが、その効果は思っている以上だと言えます。もちろん、どうしても取れないしみや抜けない匂いというものもあるので、まったく新品の状態にするということは期待できません。ですが、自分でシートクリーニングをする限りでは、決して到達できなかったきれいさに仕上げてもらうことができます。基本的には、ごみを取り除いて水あるいは洗剤で洗うのですが、シートの素材である合成皮革やゴムなどのクリーニングには、業務用の洗剤を用いたりスチームを利用したりすることで、自分では行いにくい洗い方をすることができ、それが効果を発揮します。また、シートクリーニングでは、取り扱い店にもよりますが、シートの設置場所周辺のクリーニングが含まれていることも少なくありません。シート周りは狭かったり車内の部品があったりで、自分では細かいところまで掃除の手が回らないことがあります。そういった場所についても掃除してもらえる点も、クリーニングサービス利用の価値はあります。
『関連情報:車 シートクリーニング
PAGE TOP ↑