ドリームネット

Home > 建物> ドリームネット

住宅ローン審査の通し屋さんならドリームネットへ


住宅ローンの関連情報

住宅ローン(じゅうたくローン、housing loan、mortgage)は、「本人及びその家族」または「本人の家族」が居住するための住宅及びそれに付随する土地(一戸建て、マンション)を購入、新築、増築、改築、既存住宅ローンの借り換えなどを行うために金融機関から受ける融資のことである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

住宅ローン審査の通し屋さんならドリームネットへ。住宅ローンでは、希望金額を借りるためには、住宅ローン審査に通らなければなりません。ドリームネットは成功率98%の実績。そして完全成功報酬制で相談・出張は何回でも無料です。

マイホームを購入して生活を安定させたり、自宅を所有することで満足感やステイタスを得たりすることは、人生の大きな目的にひとつで、願いをかなえる人生の目的の中での大きな達成感を得られる内容のひとつになります。マイホームを得る方法はいろいろで、人それぞれ違ってきますが、一般的には頭金を用意して、その他の資金を住宅ローンで借りて支払うという方法になります。超低金利でマイホームを購入する人たちに非常に有利な環境にあるので、資金的に余裕があっても、あえて住宅ローンを利用して購入する人もいます。返済をしている契約者に万が一の時には、残りの返済が免除されるという保険もあるので、いろいろなメリットを勘案しながら住宅ローンを利用することになります。注意点としては、何といっても長期間の返済になるので、返済が滞らないように計画を立てて、無理のない購入をするということが重要になります。基本的な住宅ローンの知識などは返済のシミュレーションも含めて、今では簡単にインターネットで確認ができます。あとは審査が通るかどうかで具体的なマイホームの購入へと進むことができます。マイホームを購入する場合に重要なのが返済ができるかどうかということですが、その場合いろいろな物件を見ると、無理をしてでも、より魅力のある物件を購入しようと考えたりします。それはそのまま価格も高くなり、返済額も増えるということなので、物件探しの前に、返済額から見た物件の価格を決めておき、それ以外の価格帯の物件を見ないようにするという方法も参考になります。魅力的な物件を見てしまうと、無理をしてでも購入しようとしてしまうことも考えられるからです。賃貸の場合は家賃ぐらいですむので、契約期間だけの無理ですみますが、住宅ローンでは20年とか30年とかという長い期間なので、無理は禁物になります。その点だけは十分吟味をして購入を考える必要があります。感情のコントロールも必要です。

注目キーワード

協同住宅ローン
日本の住宅金融専門会社。東京都目黒区に本社がある。1979年に農林中央金庫、都道府県信用農業協同組合連合会などが出資して設立された。早々に事業所向けの不動産関連融資から撤退ためにバブル経済崩壊後の破綻を免......
住宅ローン担保証券
金融機関が顧客の住宅ローン債権を担保として証券化したRMBS(Residential Mortgage-Backed Securities)のこと。 →RMBS
『関連情報:住宅ローン 審査 通し屋
PAGE TOP ↑