DoctorUP

Home > サービス業界> DoctorUP

現役医師の節税・税金対策のための不動産投資【DoctorUP】


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

節税をお考えの医師の皆様、不動産投資のDoctorUPへ是非一度ご相談下さい。日々社会に貢献している医師の皆様が経済的にも恵まれますように、それがプルアップの願いです。

医師としてクリニックに勤務をしているので、給与としてお金を貰っているのですが、その金額には既に学会や書籍などのスキルアップに使用した費用は経費として引かれていますので、その金額はサラリーマンの方と同様に削減をすることはできません。 しかし、医師として働いている年数が長くなると年収が多くなりますが、それと同時に所得税も高額なものになっていきます。そこで、多くの医師も実践している不動産投資をして節税をしようと考えて、まずはマンションを購入することからスタートしました。 具体的な方法は自己資金200万円を用意して、それにプラス銀行からの融資を1,800万円を受けて2,000万円のマンションを購入するというものでした。 すると金利や減価償却費、雑費などの様々な資金が必要になりましたが、それらの金額は経費として認められるので、所得から赤字となった金額を差し引いた金額が自身の所得として計算されるようになり、その結果として所得税の節税をすることができました。 実際に不動産投資を開始した初年度は初期費用に加えて減価償却費などがあり家賃収入よりも損失額の方が大きかったのですが、その分を所得に加えて合算した結果約64万円ほどの節税に成功しました。

注目キーワード

病院送り
格闘技などで相手選手に大怪我を負わせる事。
病院
医療法の定義では 「病院」とは、医師又は歯科医師が、公衆又は特定多数人のため医業又は歯科医業を行う場所であつて、20人以上の患者を入院させるための施設を有するものをいう。病院は、傷病者が、科学的でかつ...
PAGE TOP ↑