ジャパンドッグアカデミー

Home > サービス業界> ジャパンドッグアカデミー

セラピードッグとさまざまなプログラムを行うドッグセラピストとは


犬の関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

セラピードッグと共にこころ・身体・コミュニケーション力などの援助を行うドッグセラピスト。ドッグセラピーは高齢者施設、小学校、児童館、医療センターなど活躍の場が多くあります。ジャパンドッグアカデミーでしか学べない技術、知識を身に付けて活躍しませんか。

セラピードッグの養成学校に通いました。 以前から犬に興味があって、飼っていたことありましたが、これからも犬に接することがしたいと考えるようになって、本格的な養成学校に行くことに決めました。 セラピードッグは人と接することで癒しを与えたり、その人のパートナーになることができると知ってから興味を持ちました。 養成学校は前期と後期に分かれていて、基本的な犬と接し方を学ぶことから始めました。 今までも犬を飼っていて、基本的なことは分かっていたつもりだったのですが、犬の気持ちを考えながら接する難しさを知りました。 その他にも犬と一緒に踊るドッグダンスや、基本的なコミュニケーションも学びました。 後期では少し難易度が上がって、犬をうまくコントロールをしたり、周りのことが気にならないようなトレーニングをしました。 ドッグセラピーの現場でのシミュレーションもしたのですが、しつけ教室やイベントなども実際と同じように体験をしました。 今までセラピードッグとの触れ合いはなかったのですが、この養成学校に通うことで、どのようなシステムになっているのかが把握できたことや、犬の潜在能力についても学ぶことができたので満足しています。

注目キーワード

警察犬
警察が犯罪の捜査、遭難者の捜索などに使う犬。 シェパードが多い。
負け犬
けんかに負けて、しっぽをまいて逃げる犬。比喩的に、勝負、競争に負けてすごすごと引き下がる者。 「―は吠える」「―根性」 -映画字幕では"loser(ルーザー)"を「負け犬」と訳している場面が多く見受けられる。 -第...
PAGE TOP ↑